韓国も日本も負けてしまったー。
韓国が負けた瞬間、テレビの下のテロップに、「サッカーは今日死んだ!」って出て
国民の落ち込みようが、手に取るようにわかった。

その試合のあった朝、用事があって駅まで行った。

数時間前までのあの赤いTシャツの群れはどこに行ってしまったんだろう。と思うくらい、道も駅もワールドカップ色がなくなってた。

そんな駅に、ちょっと座っていると、目に飛び込んでくるものがあった。
それは「カップルティー」
つまり日本でいう「ペアルック」だ。(この表現今も生きてるかしら?)

私が駅の椅子に座っていたほんの30分くらいに、4組のカップルを見た。
赤、ピンク、水色、柄物で、しかも若いカップル。

「カップルティー」は、こっちに来てからよく見かけていたけど、この短時間に連続して見たのは初めてで、ジーッとそのカップルたちを目で追ってしまった。

どちらの主導権でそうなるのかわからないが、仲睦まじく手をつなぎ男の子が女の子のかばんを持ち歩いてる姿を見るに、韓国も変わったなーっと思った。

次に目にしたのは、恋人をお父さんに紹介しようと連れてきて、駅で対面している光景。
新郎になるであろう男性の「昨日床屋行ってきました」と言わんばかりの思い切った刈り上げは、妙にすがすがしかった。

初対面の瞬間はお互い言葉なく頭を下げた二人。
そのままどこかへ行ってしまった。
あれからどんなドラマが展開したのかなあ。

そして、トイレへ。
韓国はKTX開通に伴って、駅も近代的に建て直されたケースが多く、トイレもきれいだ。
でも、便利さを求めた結果、昔の風情は失われてる気がする。
京都の駅が新しくなったのを見た時と同じ感覚だ。

トイレに入ると、まず大きなトイレットペーパー(直径50CMくらい)が壁にかかっているので、それを使う分だけ取る。
トイレのドアには、額に押し花を入れたものが飾ってあって、かわいい印象だ。

さあ、中へ。
ご存知のように韓国は使ったトイレットペーパーを便器の中に流さない。
まだ下水処理のインフラが整っていないので、トイレットペーパーは便器の横に置いてあるゴミ箱に入れる。

それでも最近は日本と同じように一緒に流せるように整ってきたようで、私の住んでるアパートも一緒に流せるようになっている。
公共機関など不特定多数の人が使用するとこや、一般住宅なんかが遅れてるのかもしれない。

私がそのトイレの中へ入って、ちょっと違和感を感じたのは、ドアの内側についている鏡だった。
それも、便器に座ったときに顔が映るくらいの高さに鏡が付いている。

これは、なぜなの?

用をたすときに、鏡を見る必要があるの?
それとも用をたしながら、はたまた、たしてから、座ったまま化粧直しでもするの?

また立つと、ちょうど腰のところに鏡が来る状態になって、ズボンの上げ下ろしが全部見えてします。
別に自分の用だから、かまわないのだけれども.....。

.....かまわないのだけれども、
ここに鏡を付ける必然性があるのか?と考えてしまった。

駅を新しくするお祝いに、どこかの会社が贈呈したのだろうが、それにしてもこんなところに付けなくてもよかったのじゃあないかなあ。
しかもこんなに下のほうに。

男性トイレも同じなのかなあ....?

頭に?マークをいっぱい付けて、トイレをあとにした。
[PR]
# by haomui | 2006-06-27 12:35 | 見て思ったこと

山の恵み

b0071741_14181884.jpg
入梅したので、ざーざー降り出して、実が落ちてしまう前に、近くの山へ果実を採りに行った。

なんの果実かというと…..
といって、すぐ名前がでてくるような、日本でお馴染みの果実ではなく…..
辞書で調べて、やっとわかったというしだいです。
それは、「앵두(エンドゥ)」というバラ科の落葉低木で、中国名は「桜桃」。「앵두(エンドゥ)」は、これの韓国読みだそう。日本名は「ユスラウメ」….。.はじめて聞く名前です。
さくらんぼに似てますが、色は鮮やかな朱色、形はかなりまん丸で、味は酸味が強い甘酸っぱさ。
           ↓(画像が鮮明ではないですが、イメージだけでも)
b0071741_14145097.jpg


もう一つは、「산딸기(サンダルギ)」というこれもバラ科の落葉低木。そのまま訳したら「やまいちご」だけど、日本名は「クマイチゴ」だそう。(日本名はちょっとかわいくないなあ)
色も舌触りもイチゴとほとんど同じだが、味はもう少し酸っぱいかなー。形は…んーうまく形容できない。くらげみたいな….ベレー帽みたいな….。
           ↓(こんな感じ)
b0071741_14152563.jpg


たしか…映画『도마뱀』(とかげ)で、再会したチョガンとアリが、お寺の離れでおいしそうに飲んでたのが、この「산딸기(サンダルギ)」を漬け込んだお酒だったと思う。
チョガンがめちゃくちゃおいしそうに飲んでたなあ。

というわけで…..私も一つ果実酒を作ってみようじゃあないか。

まあ、きれいな色。
いつごろ飲めるようになるのかしらん?
楽しみ。

ありがとう….山。

果実酒といえば、私の最近のお気に入りはいただきものの「복분자-딸기(ポッブンジャ-タルギ)」という、これもまたまたバラ科の落葉低木を漬けたお酒。葡萄のような香りで葡萄色。
度数は高いが、口当たり滑らかで、甘みがあるので、ロックでどんどんいける。(どんどんいくお酒じゃないと思うが…)
ソーダなどで割って、酎ハイのようにして飲んでもおいしいと思う。

そしてこのお酒、「ヨンサマ」というブランドで売り出されてるよう。
(いむさんのところでも紹介されていました。)
「ヨンサマ」ファンの方も、そうでない方も、ぜひ一度ご賞味いただきたい。

てな感じで、果実酒を飲みながら、漬けた果実酒の飲み頃が気になる今日この頃です。
[PR]
# by haomui | 2006-06-19 14:23 | やったこと

ビルの駐車場

ルームサロンのあるビルの地下駐車場は、入口と出口が…..
なにっ!おっ….同じ???

しかも、カーブになっていて前方の視界はゼロ。

心で「ひえ~っ!」と叫びました。

とっても危険な香りのする駐車場。

でも、出入口が一つしかない駐車場って多いんですよね。韓国。

飲酒運転は絶対にやめましょう!
[PR]
# by haomui | 2006-06-19 14:13 | やったこと

グッドなナイト??

少し前、韓国ではルームサロンという名前になるのだろうか?
そこの厨房で働いている知り合いの方を車で送っていったことがある。
店のあるビルの前までのつもりだったのだが、「ちょっと寄っていく?」の言葉に
素直に「はい」と答え、店へ。
店は10階建て(くらいだった)のビルの8階?(これもよくおぼえてない)にあって、そのビルはほとんどそういう店が入っているテナントビルのようだった。

地下の駐車場に車をとめ、エレベーターに乗る。
なかなか見れないところなので、ちょっとドキドキした。
エレベーターの扉が開くと、そこはもう別世界だった。
エレベーターの扉からまっすぐに敷かれた赤い絨毯。(これははっきりおぼえている)
まさにレッド・カーペット!
その上を歩いてたら、すっかり女優気分で思わず手を振ってしまいそうに….

正気に戻って….

エレベーターを降りると左手にホテルのフロントのようなカウンターがあり、そこで受付や精算が行われる。
赤い絨毯の敷かれた廊下の両側には、お酒やカラオケをお姉さんたちと楽しむ部屋が並んでいた。部屋のドアもゴールドがアクセントになった、オフホワイトのゴージャスなやつだった。
いろんなドラマや映画で、よく部屋で仕切られたちょっと豪華なナイトクラブ(この名前古いか?)っぽい場所……それが、まさに「ここだー!」という感じ。
その辺のドアからチョ・インソンとかがひょいっと出てきそうなほど。
まんまでした。

私が行った、夜にはちょっと早い時間帯には、お掃除のオンニたちやジャニーズ系のボーイさんたちが、昨夜のかたづけに追われていた。
飲み残しのグラスや食べ残しの果物、そしてもちろんキムチ各種。
前夜の盛況ぶりがうかがえた。

厨房でホットミルクをいただき、帰り際エレベータからその店の全体を眺めた。
そして…ここにもいくつもの語られない人生があるんだなあ….と、ラストはちょっとしみじみした気分になった。
[PR]
# by haomui | 2006-06-19 14:10 | 見たこと

にんにくの季節

今、にんにく収穫の最盛期だ。
八百屋の店先には、茎のところで縛ったにんにくの束が高く積まれている。

今日はご近所の方(みなさん年上の立派なオンニ)とお茶したのだが、その時、にんにくのことをいろいろ話してくれた。
以前は、1年分のにんにくをこの時期にまとめ買いして、家の日陰に干し、キムチを漬けたり、料理に使ったりして、にんにくと共に1年を過ごしていたそうだ。
しかし、最近は保存方法も発達し、1年中店先に並ぶようになったため、まとめ買いする家は少なくなったとのこと。
にんにくも時間がたつと、香りも新鮮さもなくなるので、使う分だけをちょこちょこ使うことが多くなったらしい。
そのかわり、韓国産の在来種以外にも、他品種や中国産のも多く出回るようになったようだ。

韓国の在来種のにんにくは、日本のに比べ形がちょっと長細い印象だ。
そして、粒が6つなのだそうだ。
香りが強く、硬い。という特徴があって、この特徴が韓国料理に合うのだろう。

にんにくは韓国料理にはなくてはならない存在だ。
サムギョップサル(豚ばらの焼肉)の時は、にんにくをスライスして肉といっしょに焼き、サンチュに肉といっしょに包んで食べる。チゲやスープの時は、家庭用の小さい臼(절구)でつぶして入れる。
この臼は、日本のすり鉢をもっと深くしたような形で、陶器でできている。
ここに剥いたにんにくを入れて、太めの木の棒で押し付けながらつぶす。
そうすると、香りや風味を閉じ込めながらつぶすことができるようだ。

韓国はにんにくをいくら食べても、次の日の口臭を気にしなくていいからいい。
「臭いのしないにんにく」は、韓国じゃ売れないだろうなあ。

にんにくのことを書きながら思い出したのだが、10年以上前、中国にしばらく滞在していた時、近所の大衆食堂で、よく食事をしていた。
その時いつも、濡れた皿とピンクのざらざら感触のナプキンと皮のついたにんにくが3粒くらい運ばれて来ていた。

料理が運ばれてくるまで、ピンクのナプキンで皿を拭き、にんにくの皮を剥く。
そして、生のにんにくをかじりながら料理を食べるということをしていた。
なぜにんにくを食べる?
食中毒予防だと中国人の友人が教えてくれたが、あれは本当だったのか?
当時は疑うことなく、その言葉を信じてせっせと生にんにくを食べていたが….。
おかげで?食中毒は起こさなかった。

今日は韓国とトーゴの試合。
にんにくパワー全開なるだろうか。
[PR]
# by haomui | 2006-06-13 14:59 | 聞いたこと

女心?事情

韓国語では、人を呼ぶときの言い方がたくさんある。
これは極めて複雑。
今回は一般的な女性に対する呼び方のこと。

一般的に家族以外の近しい年上の女性に対しては、既婚・有子供・見た目がおばさんの場合「アジュンマ」、未婚・見た目が若い場合、男性からは「ヌナ」、女性からは「オンニ」と呼ばれる。(見た目が...については私の偏見です)
したがって、いくら「私はまだ若いのよん」と思ってても、いくら「おねえさん」と呼ばれたくても、以上のような属性があるという事実が、それを許してくれないのだ。即却下。(きびしー!)

そういう呼び方の特性をもつ韓国で、おもしろい光景を見た。

それは、 店の女性主人や店員を女性客が呼ぶときの呼称。
それもお姉さんじゃなく、おばあさんじゃなく、いわゆるおばさん。
どう見ても、だれが見ても「おばさん」に対する呼び方である。
私の知識では、「チョギヨー」とか「アジュンマー」と言って、店の女性を呼ぶことが一般的。
のはずだったが、最近行った食堂2件、ともに「オンニー」であった。
中年の女性客も若い女性客も「オンニー」と呼んでいる。
「アジュンマー」じゃないんだー。
ふむふむ。
これは全国的?

一般的に考えれば「アジュンマー」なのだが、
こういうところでは、さっきの法則がゆる~~くなるようだ。
もちろん「オンニー」がより近く感じられるし、うれしいに決まっている。

私が店の店員だったら「アジュンマー」と呼ばれた場合と「オンニー」と呼ばれた場合、バンチャン一皿分、気分が違うと思われる。

そう考えると、女心って単純だなあ。
[PR]
# by haomui | 2006-06-07 18:30 | 見て思ったこと

駐車場レディ&ボーイ

韓国のデパートやマートの駐車場には、案内してくれる駐車場レディ&ボーイがいる。
どんな様子かというと….

「きらきらぼし」という歌がありますね、そして、この歌は歌いながら、両の手のひらを回しながら「き~ら~、き~ら~ひかる~、おそらの~ほしよ~☆」と踊りますよね。

その手の動きを早回しモードにして、ときどきお辞儀しながら、あちらへどうぞ~のジェスチャーを笑顔付きで加えたら、まるで 駐車場レディ&ボーイです。
見た目は、レディのほうは、まるでエレベーターガール、ボーイはホテルのポーターという雰囲気。

韓国のデパートやマートには、エレベーターガールならぬ駐車場レディ+ボーイがたーくさんいるようだ。

私はこの光景を去年の夏に目撃した。
韓国には何度か来たことがあったけれど、それを見たのは初めてだった。
初めて見たときは、「一体、だれ?」→大笑い。
となったが、韓国に住んでいる方にとっては見慣れた光景なのかもしれない。
あの、一見無駄とも思える早回しの手のひらの動き。なにか意味があるのだろうか。
美しく見せるための動き?
新人研修なんかもある?
いつから出現した?
などなど気になることがいっぱいだ。
そういえば、前にやってたドラマ「秘密男女」で、主役のハン・ジヘ嬢が、アルバイトでやっていたっけ。

デパートの前でやってる駐車場ボーイは、動作も大きく「きらきらぼし」というよりは
ちょっとしたダンス?にも見えるパフォーマンスで、案内してくれる。

最近運転にも慣れ(思い込みは大切だ)、駐車場に行く機会も増えた。
今度はどんなパフォーマーに会えるか楽しみだ。
[PR]
# by haomui | 2006-06-03 19:52 | 見て思ったこと

ホテルのドアマン

美容院でサランラップを巻いていた間に読んだ記事。
雑誌の名前は「QUEEN」だったと思う。
ファッションそして、健康のこと、家族のことなどが主に書かれていたから、
日本でいえば「マダム」とか、「主婦の友」とか、そのあたりの感じになるのかなあ。
分厚いその雑誌は、3分の1いや半分は広告じゃなかろうかと思われるもので、
見ているページが、記事なのか広告なのかわからなくなるほどだった。

その中に、「人間ドキュメント」的な記事を見つけた。
今回クローズアップされていた人は、ソウルロッテホテルのチーフドアマン。
この道一筋17年のベテランドアマンだ。

ドアマンは、ホテルのドアを開ける人。私はただそう思っていたが、なんとも奥の深い仕事だということがこの記事を読んでわかった。

彼の頭には1000台の車のナンバーが常に記憶されていて、そのナンバーが見えるや否や、どのようなサービスがその車のオーナーにとって最高のものになるかを考え実行する。
車のドアを開け閉めするときも、触れていいところとそうでないところがあるため、細心の注意を払う。また直接顧客に触れてはいけない。
外国のお客様に対しては、外国語(英語、日本語、中国語などなど)の基本を身につけ、どんなお客様にも対応できるよう準備する。
そして車種や車のナンバー、外国語などは定期的に試験が行われる。
ということだった。

仕事というのは、例外なくその仕事の奥義があって、それを極めるためには際限ない努力が必要であることはわかっていたつもりだったが…

私のドアマンを見る目は変わりましたぞ。

何かを極めようとする人は、ほんとに輝いて見える。
「この仕事に誇りをもっている」という、写真の中の背筋の伸びた長身のドアマンも、とってもカッコよかった。

と、写真にデレッとしてたら、「髪、流しましょう」と呼ばれた。
[PR]
# by haomui | 2006-05-30 13:47 | 見て思ったこと

美容院

最近「院」通いが続いている。
「病院(歯医者)」そして「美容院」
近所の美容院で髪を染めた。
割引セールしてたので行ってみた。
20000ウォンを20パーセントOFF。
カラーリング剤を買うと9000ウォンくらいだから、染めてもらうとちょっと高い。
でも美容院は病院と違って、好きな場所なので大丈夫。

30分くらい待って(予約制じゃない)
髪に薬品をふりかけ、染めスタート。
やり方は日本と同じだった。
染め終わって待つ時、サランラップを巻いた自分の顔はかなり笑えた。
それに、男性も女性も混ぜこぜなので、ちょっと恥ずかしかった。(私にも乙女の恥じらいが残っていたということなのか?)
平日なのに、狭い店内(カット用の椅子4つ、洗髪用の椅子1つ)はお客さんがひっきりなしだった。
仕事の合間にちょっと立ち寄る人が多くて、それだけ早いということだろう。
私が日本人だとわかると、日本の美容室のことをあれこれ聞かれた。
日本は、カラーリング代より、カット代が高いが、私の行ったその美容院は、髪の長さやスタイルに関係なく一律6000ウォン。安い。
早くて、安い。
まるで吉野家の牛丼みたいだ。
「街中の美容院はもっと高いんだけど、ここは「町のパーマ屋さん」だから、高くしちゃったらお客さん来なくなっちゃうのよ~」とチーフっぽい美容師さんが笑いながら言ってた。
髪を乾かしたあと、私の髪を少し取り、毛先まで指でスーッと流し、「ちょっと見せてくださいね~」と言いながら、カットのやり方を観察してた。
その目は、まさしくプロでした。
そして、「通りがかった時ちょっと寄ってくださいね~、エッセンスとマッサージしますから」ということば。つづけて「もちろん、サービスですよー!」
まあ、ステキ!こんなサービスがあるなんて。

それにしても一つ気になったことは、男性は席につくやいなや、みんな刈り上げでした。
無条件に!
[PR]
# by haomui | 2006-05-26 18:22 | やったこと

歯医者

この世の名に、歯医者が好きな人が何人いるだろうか。
きっと、いないにちがいない。
私も歯医者は大嫌いだ。
内科も外科も泌尿器科もきらいだが、歯科がいちばんきらいだ。
あのにおい、あの音。
思い出すだけでも鳥肌が立つ。
それなのに、それなのに….今日歯医者に行った。
昨日の夕食の最中、なんの前触れもなく奥歯につめていた銀歯がポロッととれてしまったのだ。
その後は噛みにくいやら、気持ち悪いやらで、食事をした気にならなかった。
しかも、大きらいな歯医者に行かなくてはならない現実を前に、心は食事どころではなくなってしまった。
しかもここは外国。
想像しただけで、油汗だ。
でも、仕方ない。
歯医者のドアを恐る恐る開け、受付。
とにかく取れた銀歯をもとに戻してくれるだけでよかった。
しかし医者は…「この銀歯はだいぶ前のやつですから、あたらしい金歯を入れたほうがいいですねえ、これだとまた取れますよっ」っと。
「き..きんば…ですか?」
「いくらくらいですか?」
「20万ウォンくらいです」
「取れてもいいので、これをつけてくださいっ」
で、ひとまず取れた銀歯を無事につけてもらった。
つけてもらうとき、やはり「キーン」という音とともに、歯医者ならではのあの痛みが走ったが、短時間だったのでなんとか我慢できた。

治療費は1万ウォン。
それにしても、 20万ウォンは高いぞ。
しかも金歯。
どうも保険がきかないようだ。
昔近所のおじちゃんの前歯が金歯で、笑った時にいちいちキラキラしていたのを思い出し
ちょっとだけ、ぞくっとした。

今回はこの程度で済んだが、次はちゃんと治療しなきゃならないかもしれない。
キャラメル、ガムを左奥歯で噛むのは厳禁にしよう。
このくらい、治療の痛みに比べれば大したことじゃないぞー。
[PR]
# by haomui | 2006-05-22 19:19 | やったこと