<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ソウルといえばソウル

私は、安くていいものが好きだ。
いやいや、みんなきっと、安くていいものが好きなはずだ。
でも、ときどき、安いだけで、質については考えないで買ったりする。
ただの安物買いである。

だって、安いんだもーん。
という、理由だけで。

私はいつも買い物したい症候群ではないけども
それでも、年に何度か、買い物したいなーという気分になる。
最近、そんな気持ちになっていたところに、「トン、トン」と心のドアをたたく音がした。

ある日、知人が私に「これいくらと思う?」と尋ねた。
それは、ちょっと飾りのついた素敵なブラウス。

「いくらと思う?」
そう聞いてくるってことは、きっと見た目よりも安いという意味だ。

h「2万ウォンくらい?」
知「ふふふ…3900ウォン」
h「えっ、39000ウォン?」
知「ううん、3900ウォン」
h「ひゃ~、やすー」

てな会話の2週間後、彼女とともにソウルへ、
ただその買い物のために行った。
ソ….ソウルへ。

高速バスで2時間。
そこは반포지하상가(パンポ地下商店街)。
2つの高速バスセンターと新世界デパートとセントラルシティーに連絡している商店街。
女性物を中心に、男性、リビング用品、家具などなど、いろんな店がずらーっと、どこまでも並んでいるようにみえる、とってもながーい商店街。

小さい店がひしめき合い、こぞってセールの張り紙。そして「2900ウォン、2900ウォン」「安いよー、安いよー」という声。

このなかで、気に入ったものを探しながら、あっという間に数時間がたった。

ちょっと息抜きに、新世界デパートへ。

そこには、商店街の100倍の値段で、服が売られていた。

物の値段って、何?

そんなことを考えながら、 家路についた。

どこへ行ったかと聞かれれば、答えはソウル。
だが、ソウルの空は、行き帰りのバスでだけしか見なかった。


こんな日があってもいいさ…..。
[PR]
by haomui | 2006-08-31 16:24 | やったこと

夏の図書館

少し前、図書館に行った。

大きな立派な図書館で、ちょっとしたコンサートホールが併設されている。

行ったついでにいろいろ見学。

家族室という子供図書が置かれた部屋を覗くと.....

いるわ、いるわ。
子供だらけ.....と思いきや、お母様方もいっぱい。

そう、家族室は、ちょっとした公共勉強部屋になっていた。

そこは、部屋の四隅と真ん中に図書の棚がずらっと並んでいて、その間に机がたくさん
並べられている。

普通の大きな机が並べられている方と、ブース型で4人ほど座れる丸テーブルが置かれている方とあった。

そして、そのどの机にも本が山積みされ、その席ではお母様が子供に付きっ切りで勉強させていた。

席が足りず、親子で地べたに座りこんでる人数も半端じゃない。

夏休みの終わりのほうだったので、宿題の追い込みかはたまた塾の勉強か、とにかく
家族室は異様な熱気があった。

こういう風景を見ると、やっぱり韓国の教育熱(お母様方の)は、すごい。燃えている~!と感じる。

日本では、こんな光景を見たことがなかった。
そして、いくら家族室といっても、「図書館は静かなもの」と思っていたが、全く雰囲気が違っていた。

そうか、図書館は涼しいし、本読み放題だし....
猛暑のなか、どこに行くより、図書館がいいかもしれないなあ。

でも.....
ちょっと、残念だったのは....
本がすごーく、くたびれていたこと。

それだけ本を読んでいる人が多い。とも言えるし、大事に扱っていない。とも言える。
どっちか分からないが、私たちに多くのことを教えてくれる本。

大切に扱いたいなって思った。

大人の図書コーナーは、とっても静かでした。ほっ。
[PR]
by haomui | 2006-08-30 12:33 | 見て思ったこと

お粥

「お粥」と聞いて、頭に浮かぶお粥の姿はどういう姿でしょう。

ご飯粒の一粒一粒が残るくらいのゆるーいやわらかさで、塩少々。
食べるときに梅干しといっしょに。
というのが、私のスタンダード。

そこにちょっと色をつけて溶き卵を入れ、卵粥というのもいい。

どちらにしても、風邪などひいて、家で寝ているとき、母親が何か消化にいいものをということで、作ってくれるものというのが、私のお粥に対するイメージだ。
だからだろうか.お粥専門店などを日本では見たことがなかった。
病人はお粥専門店には行けないからなあ。

でも、韓国にはお粥専門店がある、チェーン店化している店もあり、お粥が普通の食事として認知されているということなのかもしれない。

でも私はこのお粥を食べる機会が今までなかった。
なぜなら、お粥は私の中では、病人食だから。

自分では自ら食べなかったであろうお粥を、夏バテ中の私のために知人がテイクアウトして来てくれた。
やはり、消化によい、病人にはぴったりの食事であることは、韓国も同じみたいだ。

買って来てくれたのは2種類。
松の実粥、かぼちゃ粥。
お粥には、キムチ、水キムチ、牛肉の煮物を細く切ったやつ、味を調節するための調味料が、それぞれ小さい入れ物に入っていた。

さて、韓国のお粥は….

見た目は流動食っぽい感じ。
松の実も、かぼちゃもきれいに裏ごしされ、材料の跡形はない。
硬さは、べとっ+さらっとした感じ(どっちやねん)で、微妙なかたさ。

なんかちょっと、印象がよくない言葉で表してしまったが、実は、かなり、予想外においしかった。

味は材料の味そのものが生かされ,そのままでもおししく食べられるが
付け合せのキムチなどで、味をいろいろ変化させながら食べられるのもおもしろい。

この他にも、あわび粥、野菜粥など、種類は豊富で、病人食というよりは一つの食事のジャンルとして成立している。

今度は、ちゃんと店に入って食べてみたい。
ちょっとお高いあわび粥でも優雅に食してみますか。

この店の前を通りかかったら、入院患者であろう男性が、病院のパジャマ姿でめちゃめちゃおいしそうに食べてた。

韓国のお粥は病床で食すものではなく、病人がわざわざ食べにいくものだった。
[PR]
by haomui | 2006-08-11 15:04 | やったこと

眠れないのよ....夏2006

うっとうしい梅雨が明けたかと思うと、夏が本格化した。
焼けつく太陽、せみの声、日本の夏も韓国の夏も同じだ。

なぜ暑いの?….夏だから。
この暑さはいつ終わるの?….秋になったら。

そう、そうです。
夏だから暑いのは当然なのです。

日本も同じように暑かった。
韓国も日本も同じです。

でも一つだけ違うことがあります。
それは、家にエアコンがないということです。

たっ…たすけて~状態です。
家の中が砂漠化しており、家の中で日射病にかかりそうな勢いです。

た、たしかにエアコンは体によくないし、環境にも悪い。
そんなこたあー、あたくしだってわかっておるんでございやす。

でも、日本でのエアコン暮らしに慣れきった自堕落な体は、ヒジョーにその自堕落な快適さを求めております。

韓国の家庭におけるエアコン普及率は、日本よりもずいぶん低いと私は見ております。(いつものことですが、根拠はありません)
また、エアコンがあっても日常的には使わず、お客様がいらっしゃった時などに限られるようです。(富裕層の方々の生活は除外)

なぜ?
それは、電気代が高いから。

まだ詳しくは分かりませんが、ある水準を越えると電気代が2倍3倍の割合で超過使用量となるとのこと。
軽く10万ウォンを超えるらしいです。

なので、
エアコンを買いたいと周りの人にこぼすと、「やめときな、電気代高いぜい」
なーんて感じで、あまり勧められないという現実が実際にあります。

最近の会話
h「暑いですねー。暑くて暑くて眠れないでっす。」
韓「あと2週間もすれば暑さも終わりよ。もうちょっと我慢しなされ~」

さあ、あたしゃ~、あと2週間を生き延びることができるのでございましょうか?

これを機に、エアコンに頼らない体への改造計画でも無理やり立てるしかないんでございましょうか?

こちらのブログへ遊びに来てくださる方へ、心を込めて

暑中お見舞い申し上げます。

よく食べ、よく寝て、そしてよく笑う夏になりますように!

最後に、
昨日このブログで交流させていただいている、くっきー・いむさん(「くっきー・いむの韓國日記」のご主人)が私の住む町にやってきてくださいました。
いむさん、楽しい時間をありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

この夏をご無事で過ごされることを心より祈りながら、お礼の言葉とさせていただきます。
[PR]
by haomui | 2006-08-06 17:50 | 思ったこと