<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アパートの鍵貸せません

韓国は防犯に対して敏感な印象。
なぜなら各家庭のドアには防犯用の鍵がだいたいどこにも設置されているからだ。

ドラマにもよく出てくる。

スライド式の大型携帯電話みたいのがドアノブの上か下についていて、暗証番号をピッピッピと押す、または指紋を照合すると「ピーポーパー」という音とともにドアが開く。(音はいろいろあり)
しかし、番号を間違ったり、手が濡れていたりできちんと照合できなかったりすると「違いますよ~」をしらせる「ピポパポピポ」というちょっと大きい音が鳴る。(音はいろいろあり)
またドアがよく閉まらなかった時、そのことを知らせる警笛が非常に激しい音で鳴る。

これで外部からの侵入を防ぐ。

さらにより防犯を求める人は、その防犯用の鍵と普通の鍵を併用する。
という具合。

窓にも分かりやすくいえば鉄格子のような柵がついていて、泥棒が侵入できないようになっている。

これも非常に一般的なアパート事情のようだ。

この防犯対策くらい泥棒が多いのかどうかは知らないが、私の日本暮らしの時よりもはるかに私は韓国でドア・窓に関して防犯している。

日本ではアパートの窓に柵もなかったし、ピッピッピとする鍵もなかった。

しかし、この鍵に関して私のなかで少し疑問が生じた。

それは、いつも日常的に、どの家庭のドアからも、「番号や指紋が違いますよー」とか「よく閉まってませんよ~」を知らせる警笛が鳴っている。

それが泥棒なんだかご本人なんだか全くわからない。
その音を聞くたびに、『また間違ったな~』とか『ドアがよく閉まってないなー』と思うのみ。
すっかり、日常のBGMに化している。

しかし、ちょっと待て!
これは防犯用の鍵。
警笛を聞いたら『どこかに泥棒が侵入しているっ』っと思わなきゃいけないんじゃ~?

でも、中学校や高校のときの非常ベルのように『誰かがまたいたずらしたな』という慣れてしまった感覚。誰も逃げたり慌てたりしない。

慣れは恐ろしい。
本当の非常事態のときに、適切に行動できないから。

てな感じで、頭でぐるぐると思い巡らせながら、防犯用の鍵の存在について考えてみた。

つまるところ、この鍵は個人で自分の家を守るためのものということなのだろう。
「閉まりました~」(ピーポーパー)をきちんと確認すること。それに尽きる。

ご近所の警笛は気にしなくていいのだ。(たぶん)

今日も警笛があっちこっちで鳴り響いている。

あっ、今日は駐車場でも防犯用の警笛が鳴ってる。
これって、車泥棒?…はたまた…

いや、気にしなくていいのだ。(たぶん)
[PR]
by haomui | 2006-07-24 13:51 | 思ったこと

愛について少し...

「愛することに理由はいらない」
うん、そうだ。同感だ。

しかし、ドラマで愛を描くときは、

なぜ惹かれるのか。
なぜ好きになったのか。
なぜ愛に気がついたのか。
なぜ愛し合っているのか。

という「4つのなぜ」を、ぜひぜひ描いてほしいと思う今日この頃である。

私は恋愛ドラマが好きだ。

気軽に見られるし、(韓国語の勉強にもなるし)、生活の一部として楽しませてもらっている。
だから、基本的に何でもいいといえば何でもいい。

ストーリを堪能するというよりは、ストーリーを追うことがメインになるから。

話に突っ込みどころがあろうが、「おいおい」と言いたくなる展開だろうが
文句はない。文句はないのだが...
愛について….「愛している」という言葉で済ませてほしくないなあという所感がある。

少し前に私がカン・ジファン(ドラマ「がんばれクムスン」出演)という俳優が好きだということを書いた。
そして、そこで彼の新しいドラマ「花火」を時々見ているということを書いた。
カン・ジファン

このドラマ、
「好きだ」「愛してる」を連発していた。
しかし、どうしてそんなに惹かれあってるのかがちっともわからなかった。
きっと、愛への過程が描かれていなかったから。


彼の前作「がんばれクムスン」は、愛への奇跡がとってもよく描かれていたから、共感できた。
さっきの「4つのなぜ」が、見ている側に伝わっていたからだと思う。

カン・ジファンはステキだった。
ステキだったけど…次回作に期待っす。

自分の愛を言葉で表すとき、「愛している」ではないと私は思っている。
愛に気づき、愛という正体不明なものに向かい合っていく時、「愛している」ではない
言葉や行動が現れるのじゃあないかなあ。

そんな過程を見せて、楽しませてほしいなあと思う。

愛するのに理由はいらないけど、ドラマの愛には理由を求めてしまう、ちょっと矛盾した結論。
[PR]
by haomui | 2006-07-20 14:26 | 見て思ったこと

冷やしぜんざいもどき

んー、更新が滞っていますなー。
そんなにまめには書けないだろうと思って「韓国ときど記」にしたのだが、
これでは、「韓国たま~日記」にしなきゃならない事態だ。

それなのに、こんなずぼらなブログにご訪問してくださる方々

「ほんとうにありがとうございます」

この場をお借りして、お礼申し上げます。

では、本題です。

この前、ご近所の方がうちへ遊びに来た。

で、何をお出ししようか。と数日前から考えた。

日本っぽいもので、簡単で、おいしいやつ。
この3つの条件の中で、「簡単で」が、私にとっては重要。

最近韓国では季節柄、「パッピンス」(韓国式カキ氷)が出回っている。
私も最近それを初めて口にした。
それまで何度も韓国に来ていて、1度も食べたことがなかったのもどうかと思うが、
なぜかチャンスがなかった。
感想は、「甘い!」だった。
でも、食べるときぜーんぶビビン(混ぜて)して食べるその過程がとってもおもしろかった。


そして、私はそれを見てピンッときた。

「おー、ぜんざいにしよう。」

私の食べたパッピンスには、果物や餅やナタデココそして小豆がのっていた。
「パッピンス」は「豆氷」。
氷の上に小豆がのっていないと「パッピンス」とはいえないのだ。

その小豆を見て→「ぜんざい」にすることを決意。

しかーし、「今はなつ~」(この歌を知ってる人がいるだろうか?)
額に汗して食べる「ぜんざい」も好きだが、ここは韓国。
韓国の方々にそんな無理強いはできない。

というわけで.....
「冷やしぜんざい」に決定。

が、「冷やしぜんざい」って、どうやって作るの?か
私は知らない。

というわけで、完全オリジナル版の「冷やしぜんざいもどき」を作ることにした。
以下は簡単レシピ。
メモのご用意はよろしいですか?

材料
上新粉、果物缶詰(もも、パイナップル)、ゆで小豆の缶詰

作り方
上新粉で小さいお団子を作り、氷水で冷たくする。
それぞれの缶詰を空ける。
果物は小さく切る。
皿にお団子を入れ、切った果物をのせ、汁も少々。
最後にゆで小豆をのせれば、「冷やしぜんざいもどき」の出来上がり。

簡単。

さあ、これで夏の暑さをぶっ飛ばせー!

ご近所の皆さんにお出しするとき「これは、あくまで私が作った、日本っぽい感じのデザートです」っと、やたらめったら長い説明をして、食していただいた。
これが日本のデザートとして、インプットされては日本の皆様に申し訳ない。

幸い皆さんの反応は上場でした。

日本風とはいわず、ただのデザートとして食べれば、結構いける。
甘さを抑えるなら、果物は缶詰じゃないほうがいいかもしれない。

粉とゆで小豆がまだ残ってるから、今度はパッピンスもどきでも作ってみようかなあ。

餅の代わりに上新粉の団子を入れて....。
[PR]
by haomui | 2006-07-11 12:18 | やったこと