<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

黒いビニール

市場で買い物をすると、黒いビニールに買ったものを入れてくれる。
なんで黒いビニールなんだろう???
別に何色でもいいけど、日本で黒いビニールといえば、ごみ袋のイメージがあったから気になった。
黒いビニールのほうが痛みにくいのかなあとか、黒いビニールのほうがコストがかからないのかなあとか、あれこれ考えてみたが、どれもパッとしなかったので、韓国人の知り合いに聞いてみると・・・

知:中身が見えないように。
私:なんで中身が見えたらだめなの。
知:地位の高いだんなの奥さんが安物買って、部下の奥さんにそれを見られたら恥ずかしいから。

ということだった。
んー、にわかには信じがたいけど、階級意識がまだまだ強い社会を考えれば、ないともいえない話かもしれないなあ。と妙に納得してしまった。
それとこれは気のせいかもしれないが、市場で若いお客さんをあまり見かけない。
それに反して、新しめの大型スーパーに行くと、客層は20~30代の家族のようで、そこでは黒いビニールじゃなく、ダンボールが置いてあって、それにドカドカいれて持って帰る。
ということは、世代で買い物袋についての考え方が違うのかなあ。
「中身公開はちょっとごめんだわ世代」と「中身公開なんて平気よ世代」があったりするのかもしれない。
もう少し観察が必要みたいだ。
でも、最近の韓国は、世代による生活スタイルの違いが、とっても顕著に現れてるような気がしてて、私にとってけっこう面白い現象なのです。
[PR]
by haomui | 2006-04-12 19:44 | 見て思ったこと

アパートの駐車場

私は家族とアパートに住んでいます。そしてこのアパートでは、日本人の私にとって、しばしば信じられない光景を目にすることができます。

そのひとつは駐車場。

日本では、まず自分の車が駐車する場所が決まっている。そして駐車場に車を止めるときは、ふつう、ギアをPにして、サイドブレーキをひいて止める。そして、一台そこに止めたら、その車の出入りのために、ほかの車は止められないようにきちんと仕切ってある。と思います。

そんなことは言わなくてもわかっていることだけど、でも、うちのアパートの駐車場はちょっと違ってるんです。

違い①駐車する場所は決まっていない。
違い②駐車した車の前に駐車できる。(T字型になるように、駐車した車が下の棒で、あとに駐車する車は上の棒のように止めることができる)

①の理由:場所が決まってたらお客が来たときに止めるところがないのは不便。
②の理由:T字の上の棒状態で止める車は、ギアをNにして、サイドブレーキを引かない。そうしておくと、T字の下の棒の人が出るとき、上の棒状態で止まっている車を、前か後ろに押して動かすことができるから大丈夫。

     大丈夫って、ほんとに?
     ほかの住人の方の車を押して.....動かす......???

最初は信じられなかったけど、私も最近、よく押させていただいています。どなたのか存じ上げないお車を。。。

そのせいかどうかはわかりませんが、ピカピカの、傷ひとつないお車は、アパートの駐車場には、ないような気がします。
おまけに黄砂で、ドロドロです。

でもそんなことは気にしないのが、うちのアパートの住人気質のようです。

狭い国土(いや駐車場)のひとつの有効活用です。
とてもよい方法だと思うのですが、日本では・・・難しいかもしれませんねー。
[PR]
by haomui | 2006-04-08 18:40 | 見たこと

「NANA」と「王の男」

二つの映画は何の関連性もない。でもこの言葉にはつながっている思う。それは「孤独」。「ナナ」の孤独と「王」の孤独。「ナナ」の自尊心と「王」の自尊心。立ち上がる「ナナ」とくずれる「王」。
どちらにも共感できたし、どちらにも涙が出た。自尊心は時々人を孤独にし、悲しくする。孤独に耐えられず何か行動をとろうとする。その行動が「ナナ」と「王」とでは違っていたのだと思う。立ち上がろうとする時、人は寄りかかれる何か。。。 信念…目標…恋人…家族…お酒…が必要なんだ。二つの映画にそんなことを思った。
[PR]
by haomui | 2006-04-06 11:59 | 見て思ったこと

韓国語のフィルタ

韓国に来て、一番嫌なことは、韓国語が流暢ではないということ。日常会話はできるけど、目の前で起こっていることにフィルタがかかってて言葉のキャッチボールの過程がクリアに見えないことが大きなストレスです。
会話って、相手がその言葉を言うにいたった過程を理解しながら、その過程を配慮して進めていく掛け合いのようなものですから、それができないのはつらいです。
外国語を話すとき、特に聞くときに私はよく感じるんですが、ダイレクトに相手の言葉が響かずに、間に薄い膜のようなものを通して聞こえてくる。だからよいことにも悪いことにも、鈍感な対応になってしまう。悪口を言われた時は、そのくらいでちょうどいいかもしれませんが、ほとんどの場合そうではないですからねえ。
たぶんそれは私の外国語がほんとうには私のものになっていないからだと思うのですが、、、じゃ本当にクリアに、ダイレクトに、言葉が自分の中に入ってくる日がくるのか???
何年かかるかわからないけど、それを体感してみたいと願いながら日々を過ごしています。
[PR]
by haomui | 2006-04-05 23:30 | 思ったこと

はじめに

韓国に来て一ヶ月が過ぎました。ここで思ったことをつらつらと書いていきたいと思っています。
[PR]
by haomui | 2006-04-05 20:16 | はじめに