カテゴリ:思ったこと( 12 )

ふと....

久しぶりに自分のブログに遊びにきました。
1年以上も記事を書いていませんね~。
でも、立ち寄ってくださる方がいて、うれしい限りです。

韓国生活も2年半になりましたが、まだまだ新しい発見の中にいます。
[PR]
by haomui | 2008-10-28 13:46 | 思ったこと

まぜる

最近、暑さのせいか、やはり冷たいものがおいしい。
熱は熱で制さねばならないのかもしれないが、
そんなかっこういいことは言っていられない。

冷たいものを食べて、一瞬の涼しさを味わうことに徹している。

で、今私の中で大ブレーク中なのが、パッピンスである。
去年も食べたが、その時はあまりおいしいと感じず、甘ったるいだけの印象だった。

まず、氷の上にのった蜜、果物、小豆をいっしょくたに混ぜて、食べることに
少し抵抗感があった。

私はカレーも、親子丼も、とにかくご飯の上におかずが載っている状態のものを
混ぜて食べたことがほとんどなかった。

なんか気持ち悪いというか、ひとつひとつの味がわかんなくなるというか、
そういうわけで、おかずが載った状態のまま、上から食べていく、というのが
私の流儀だった。

口の中で混ざってるんだから、そんな堅いこと言ってんじゃねー。ともう一人の私が
言ってたりもするが、とにかく口に入れるまでは混ざっててはいけなかった。

そういうわけで、カキ氷を食べるときも、上へ上へと盛られた氷の山を、上から
壊さないように食べ、最後のとけて、水状になったものは残していた。

が、こっちのパッピンスは、まず氷を崩すことから始まり、混ぜて混ぜて混ぜまくり
半分とけた状態で、口に運ぶ。

この手法はパッピンスだけでなく、ビビンバ、ジャージャー麺などなど
すべての?料理に使われている。

まず「混ぜる」
このとき、スプーンをうまく動かせずもたもたしていると、同席した韓国人から
もぎ取られガンガン混ぜてくれる。
長年で鍛えられたグリップは、にわかには習得できないものなのだ。

こんな食生活を続けていたからだろうか、今年のパッピンスちゃんは、私にとっては
夏の空から降りてきた天使だ。

去年は抵抗を感じていたのに、今年は言われなくても手首が動く。
とけた氷を最後まで飲み干す。

キャー、私としたことが....

下からひっくり返して、全てのものをぐちゃぐちゃにして食べる。
これは私のそれまでの食生活にとっての革命だ。新しい世界だ。

国際化が叫ばれる韓国の社会も、こういう食べ物みたいになったらいいなー。

でも、カレーだけは....まぜずに、上から食べたい!
[PR]
by haomui | 2007-08-14 10:52 | 思ったこと

つぶやき

韓国に来て2度目の夏を迎えています。
このブログもホントに久しぶりです。

当ブログへ遊びにきてくださる皆様、お元気でしょうか。
暑さに負けず、楽しい夏になりますことを祈っておりまっす。

今年もやっぱり去年のように暑いのには変わりなく、しかも
今は梅雨...このじめじめはなんともいえない、意味のわからない不快感で
機嫌が悪くなってしまいそうです。

しかーし、今年は力強い味方を得て、本格的な夏を迎えるにあたり
「どっからでもかかってこい!」ってな感じだ。

はっはっはっ、エアコンを購入したのだ。

去年家で蒸し死にしそうになったので、その対策で購入した。

でも環境と電気代のことを考えて、最低限の使用になるとは思うが
それでも、心強いのには変わらない。

私もただの現代人なのだ。
電気に頼ってしか生きられない体だったなんて。

それにしても、最近の私は、暑さもさることながら、自分の計画性のなさに
とほほ....な日々だ。

計画的に物事を運んでいくことがどんなに大変なことであるかは
これまでのいくつかの経験でわかっているつもりで、そのたびに後悔し、反省しておきながら、なんでまた繰り返してしまうんだろう。

計画を立てる、予定を立てる。
簡単そうで、ほんとに難しい作業だ。

目の前のことも計画できないのに、人生の計画なんて、とんでもない話だなあ。
[PR]
by haomui | 2007-07-12 10:30 | 思ったこと

よいお年を^^

2006年もそろそろ幕を下ろそうとしております。

みなさんお忙しい年末をお過ごしのことと思います。

私は年末年始を日本で迎える予定です。

サボりっぱなしのブログでしたが、たくさん可愛がってくださってありがとうございました。

来年もこのペースだと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ではでは

みなさまの2007年が素敵な1年になりますよう、祈っております。
[PR]
by haomui | 2006-12-28 15:33 | 思ったこと

おひさしぶりです

ご訪問くださる皆様、この秋の夜長、いかがお過ごしでしょうか。

最近、ほんとに涼しくなって、あの夏の悪夢から開放されている今日この頃のわたくしです。
1年のなかで最高によい季節を、本当に喜んで迎えております。

しかし、このステキな季節もわずかひと時。
今度は、激しい寒さが待ち受けていると思うと、ちょっとブルッと来ますが....
まあ、今はとにかく、この季節を満喫したいと思っております。

そして、こんなに、この季節を喜べるのは、あの暑さに耐えた日々があったからだと思うと、
当ブログで励ましてくださった皆様に感謝、感謝でございます。

というお礼とともに....

更新が滞っております。

ちょっと忙しくなってしまい、思うように更新できないことをお詫び申し上げます。
[PR]
by haomui | 2006-09-13 17:37 | 思ったこと

眠れないのよ....夏2006

うっとうしい梅雨が明けたかと思うと、夏が本格化した。
焼けつく太陽、せみの声、日本の夏も韓国の夏も同じだ。

なぜ暑いの?….夏だから。
この暑さはいつ終わるの?….秋になったら。

そう、そうです。
夏だから暑いのは当然なのです。

日本も同じように暑かった。
韓国も日本も同じです。

でも一つだけ違うことがあります。
それは、家にエアコンがないということです。

たっ…たすけて~状態です。
家の中が砂漠化しており、家の中で日射病にかかりそうな勢いです。

た、たしかにエアコンは体によくないし、環境にも悪い。
そんなこたあー、あたくしだってわかっておるんでございやす。

でも、日本でのエアコン暮らしに慣れきった自堕落な体は、ヒジョーにその自堕落な快適さを求めております。

韓国の家庭におけるエアコン普及率は、日本よりもずいぶん低いと私は見ております。(いつものことですが、根拠はありません)
また、エアコンがあっても日常的には使わず、お客様がいらっしゃった時などに限られるようです。(富裕層の方々の生活は除外)

なぜ?
それは、電気代が高いから。

まだ詳しくは分かりませんが、ある水準を越えると電気代が2倍3倍の割合で超過使用量となるとのこと。
軽く10万ウォンを超えるらしいです。

なので、
エアコンを買いたいと周りの人にこぼすと、「やめときな、電気代高いぜい」
なーんて感じで、あまり勧められないという現実が実際にあります。

最近の会話
h「暑いですねー。暑くて暑くて眠れないでっす。」
韓「あと2週間もすれば暑さも終わりよ。もうちょっと我慢しなされ~」

さあ、あたしゃ~、あと2週間を生き延びることができるのでございましょうか?

これを機に、エアコンに頼らない体への改造計画でも無理やり立てるしかないんでございましょうか?

こちらのブログへ遊びに来てくださる方へ、心を込めて

暑中お見舞い申し上げます。

よく食べ、よく寝て、そしてよく笑う夏になりますように!

最後に、
昨日このブログで交流させていただいている、くっきー・いむさん(「くっきー・いむの韓國日記」のご主人)が私の住む町にやってきてくださいました。
いむさん、楽しい時間をありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

この夏をご無事で過ごされることを心より祈りながら、お礼の言葉とさせていただきます。
[PR]
by haomui | 2006-08-06 17:50 | 思ったこと

アパートの鍵貸せません

韓国は防犯に対して敏感な印象。
なぜなら各家庭のドアには防犯用の鍵がだいたいどこにも設置されているからだ。

ドラマにもよく出てくる。

スライド式の大型携帯電話みたいのがドアノブの上か下についていて、暗証番号をピッピッピと押す、または指紋を照合すると「ピーポーパー」という音とともにドアが開く。(音はいろいろあり)
しかし、番号を間違ったり、手が濡れていたりできちんと照合できなかったりすると「違いますよ~」をしらせる「ピポパポピポ」というちょっと大きい音が鳴る。(音はいろいろあり)
またドアがよく閉まらなかった時、そのことを知らせる警笛が非常に激しい音で鳴る。

これで外部からの侵入を防ぐ。

さらにより防犯を求める人は、その防犯用の鍵と普通の鍵を併用する。
という具合。

窓にも分かりやすくいえば鉄格子のような柵がついていて、泥棒が侵入できないようになっている。

これも非常に一般的なアパート事情のようだ。

この防犯対策くらい泥棒が多いのかどうかは知らないが、私の日本暮らしの時よりもはるかに私は韓国でドア・窓に関して防犯している。

日本ではアパートの窓に柵もなかったし、ピッピッピとする鍵もなかった。

しかし、この鍵に関して私のなかで少し疑問が生じた。

それは、いつも日常的に、どの家庭のドアからも、「番号や指紋が違いますよー」とか「よく閉まってませんよ~」を知らせる警笛が鳴っている。

それが泥棒なんだかご本人なんだか全くわからない。
その音を聞くたびに、『また間違ったな~』とか『ドアがよく閉まってないなー』と思うのみ。
すっかり、日常のBGMに化している。

しかし、ちょっと待て!
これは防犯用の鍵。
警笛を聞いたら『どこかに泥棒が侵入しているっ』っと思わなきゃいけないんじゃ~?

でも、中学校や高校のときの非常ベルのように『誰かがまたいたずらしたな』という慣れてしまった感覚。誰も逃げたり慌てたりしない。

慣れは恐ろしい。
本当の非常事態のときに、適切に行動できないから。

てな感じで、頭でぐるぐると思い巡らせながら、防犯用の鍵の存在について考えてみた。

つまるところ、この鍵は個人で自分の家を守るためのものということなのだろう。
「閉まりました~」(ピーポーパー)をきちんと確認すること。それに尽きる。

ご近所の警笛は気にしなくていいのだ。(たぶん)

今日も警笛があっちこっちで鳴り響いている。

あっ、今日は駐車場でも防犯用の警笛が鳴ってる。
これって、車泥棒?…はたまた…

いや、気にしなくていいのだ。(たぶん)
[PR]
by haomui | 2006-07-24 13:51 | 思ったこと

日本からの荷物

日本から荷物が届いた。
鰹節や日本茶や入浴剤やシチューのもとなどなど...。
お母さん、ありがとう。
鰹のけずり節をダンボールの一番下にして、クッション代わりにしてくれたとこなんか泣けました。
おたふくソースとセットで、お好み焼き作ろう。
日本は今週母の日。
電話しよう!
[PR]
by haomui | 2006-05-11 11:00 | 思ったこと

大きさの感覚

「韓国の人は大きいものが好きだ」という印象がある。
道を走る車で軽自動車はあまり見ないし、家に置かれている電気製品も大型だ。
この前友人と話していたら、テレビを買ったという、それも32インチ。部屋も広いのだろうと思いきや、8畳ほどの部屋に壁掛けタイプをかけているという。私の頭の中には、テレビを見るためにおもいっきり体をのけ反らせた状態の友人の姿が思い浮かんだ。
電気屋に行っても、一人暮らしの学生さんが使えるような小型のテレビや冷蔵庫はなかなか見ることができない。
キムチ冷蔵庫も発売当時は小型のもあったらしいが、あまり需要がなく大型が主流になっていると聞いた。
そういえば、夏を前にTVでは、エアコンのCMが増えてきたが、やはりスタンドタイプの大きいやつだ。

納得できるものもある。
市場に行っても、トマトや瓜がおもいっきり大盛りで売られているので、それを保存するのにはやっぱり大きい冷蔵庫が必要だ。
キムチも、一度にたくさん漬けるから保存するには大型のキムチ冷蔵庫のほうがいいだろう。

じゃテレビは?車は?

「小さいより大きいほうがいいじゃない」と言われてしまえばそれまでだが、この大きさの感覚に慣れるにはしばらくかかるぞ。
この韓国の人々の大きさの感覚は、どこから来てるのだろう。
日本人の私とは大きく違うところのように思えるのだが・・・

そのうち私も軽自動車や小型のテレビを見て、「ちぇっ、小さいんじゃなーい!」という感覚になるのだろうか。
[PR]
by haomui | 2006-04-27 13:26 | 思ったこと

「すえる」という言葉

「すえる」は漢字で「饐える」と書く。食べ物が腐って、酸っぱくなった状態のことだ。
でも、私はこの「腐って」というところを「発酵して」と捉えたい。
腐ったら食べられなくなるけど、発酵したものは充分に食べられる。いやむしろおいしい。
わたしは「すえた」もち米で作られる「シッケ(식혜)」という韓国の飲み物が大すきだ。
炊いた米をわざと「すえらせて」甘みをだし、それに水ともう少しの甘みをくわえて作るらしい。
そして米つぶといっしょに飲む。
甘酒よりももう少したんぱくで、あっさり、さらっとしている。
何年か前、サウナに行ったとき、冷たく冷えたそれを初めて飲んだのだが、サウナで乾いた体に、キューッと音を立てて吸収していったこの飲み物が、それ以来忘れられなくなった。

そして、最近それをまた飲む機会に恵まれた。
あの時サウナで飲んだ味がよみがえった。
おいしいー。

これはなんとしても、自分で作れるようになるしかない。と、かたく決意。

「すえる」・・・んー、いい言葉だ。
人間もちょっとすえたぐらいが、いい味出ていいもんね。

私もほどよい甘みのある、いい程度に「すえた」人間になりたいもんだ。
[PR]
by haomui | 2006-04-26 01:30 | 思ったこと