2006年 06月 19日 ( 3 )

山の恵み

b0071741_14181884.jpg
入梅したので、ざーざー降り出して、実が落ちてしまう前に、近くの山へ果実を採りに行った。

なんの果実かというと…..
といって、すぐ名前がでてくるような、日本でお馴染みの果実ではなく…..
辞書で調べて、やっとわかったというしだいです。
それは、「앵두(エンドゥ)」というバラ科の落葉低木で、中国名は「桜桃」。「앵두(エンドゥ)」は、これの韓国読みだそう。日本名は「ユスラウメ」….。.はじめて聞く名前です。
さくらんぼに似てますが、色は鮮やかな朱色、形はかなりまん丸で、味は酸味が強い甘酸っぱさ。
           ↓(画像が鮮明ではないですが、イメージだけでも)
b0071741_14145097.jpg


もう一つは、「산딸기(サンダルギ)」というこれもバラ科の落葉低木。そのまま訳したら「やまいちご」だけど、日本名は「クマイチゴ」だそう。(日本名はちょっとかわいくないなあ)
色も舌触りもイチゴとほとんど同じだが、味はもう少し酸っぱいかなー。形は…んーうまく形容できない。くらげみたいな….ベレー帽みたいな….。
           ↓(こんな感じ)
b0071741_14152563.jpg


たしか…映画『도마뱀』(とかげ)で、再会したチョガンとアリが、お寺の離れでおいしそうに飲んでたのが、この「산딸기(サンダルギ)」を漬け込んだお酒だったと思う。
チョガンがめちゃくちゃおいしそうに飲んでたなあ。

というわけで…..私も一つ果実酒を作ってみようじゃあないか。

まあ、きれいな色。
いつごろ飲めるようになるのかしらん?
楽しみ。

ありがとう….山。

果実酒といえば、私の最近のお気に入りはいただきものの「복분자-딸기(ポッブンジャ-タルギ)」という、これもまたまたバラ科の落葉低木を漬けたお酒。葡萄のような香りで葡萄色。
度数は高いが、口当たり滑らかで、甘みがあるので、ロックでどんどんいける。(どんどんいくお酒じゃないと思うが…)
ソーダなどで割って、酎ハイのようにして飲んでもおいしいと思う。

そしてこのお酒、「ヨンサマ」というブランドで売り出されてるよう。
(いむさんのところでも紹介されていました。)
「ヨンサマ」ファンの方も、そうでない方も、ぜひ一度ご賞味いただきたい。

てな感じで、果実酒を飲みながら、漬けた果実酒の飲み頃が気になる今日この頃です。
[PR]
by haomui | 2006-06-19 14:23 | やったこと

ビルの駐車場

ルームサロンのあるビルの地下駐車場は、入口と出口が…..
なにっ!おっ….同じ???

しかも、カーブになっていて前方の視界はゼロ。

心で「ひえ~っ!」と叫びました。

とっても危険な香りのする駐車場。

でも、出入口が一つしかない駐車場って多いんですよね。韓国。

飲酒運転は絶対にやめましょう!
[PR]
by haomui | 2006-06-19 14:13 | やったこと

グッドなナイト??

少し前、韓国ではルームサロンという名前になるのだろうか?
そこの厨房で働いている知り合いの方を車で送っていったことがある。
店のあるビルの前までのつもりだったのだが、「ちょっと寄っていく?」の言葉に
素直に「はい」と答え、店へ。
店は10階建て(くらいだった)のビルの8階?(これもよくおぼえてない)にあって、そのビルはほとんどそういう店が入っているテナントビルのようだった。

地下の駐車場に車をとめ、エレベーターに乗る。
なかなか見れないところなので、ちょっとドキドキした。
エレベーターの扉が開くと、そこはもう別世界だった。
エレベーターの扉からまっすぐに敷かれた赤い絨毯。(これははっきりおぼえている)
まさにレッド・カーペット!
その上を歩いてたら、すっかり女優気分で思わず手を振ってしまいそうに….

正気に戻って….

エレベーターを降りると左手にホテルのフロントのようなカウンターがあり、そこで受付や精算が行われる。
赤い絨毯の敷かれた廊下の両側には、お酒やカラオケをお姉さんたちと楽しむ部屋が並んでいた。部屋のドアもゴールドがアクセントになった、オフホワイトのゴージャスなやつだった。
いろんなドラマや映画で、よく部屋で仕切られたちょっと豪華なナイトクラブ(この名前古いか?)っぽい場所……それが、まさに「ここだー!」という感じ。
その辺のドアからチョ・インソンとかがひょいっと出てきそうなほど。
まんまでした。

私が行った、夜にはちょっと早い時間帯には、お掃除のオンニたちやジャニーズ系のボーイさんたちが、昨夜のかたづけに追われていた。
飲み残しのグラスや食べ残しの果物、そしてもちろんキムチ各種。
前夜の盛況ぶりがうかがえた。

厨房でホットミルクをいただき、帰り際エレベータからその店の全体を眺めた。
そして…ここにもいくつもの語られない人生があるんだなあ….と、ラストはちょっとしみじみした気分になった。
[PR]
by haomui | 2006-06-19 14:10 | 見たこと