2006年 05月 26日 ( 1 )

美容院

最近「院」通いが続いている。
「病院(歯医者)」そして「美容院」
近所の美容院で髪を染めた。
割引セールしてたので行ってみた。
20000ウォンを20パーセントOFF。
カラーリング剤を買うと9000ウォンくらいだから、染めてもらうとちょっと高い。
でも美容院は病院と違って、好きな場所なので大丈夫。

30分くらい待って(予約制じゃない)
髪に薬品をふりかけ、染めスタート。
やり方は日本と同じだった。
染め終わって待つ時、サランラップを巻いた自分の顔はかなり笑えた。
それに、男性も女性も混ぜこぜなので、ちょっと恥ずかしかった。(私にも乙女の恥じらいが残っていたということなのか?)
平日なのに、狭い店内(カット用の椅子4つ、洗髪用の椅子1つ)はお客さんがひっきりなしだった。
仕事の合間にちょっと立ち寄る人が多くて、それだけ早いということだろう。
私が日本人だとわかると、日本の美容室のことをあれこれ聞かれた。
日本は、カラーリング代より、カット代が高いが、私の行ったその美容院は、髪の長さやスタイルに関係なく一律6000ウォン。安い。
早くて、安い。
まるで吉野家の牛丼みたいだ。
「街中の美容院はもっと高いんだけど、ここは「町のパーマ屋さん」だから、高くしちゃったらお客さん来なくなっちゃうのよ~」とチーフっぽい美容師さんが笑いながら言ってた。
髪を乾かしたあと、私の髪を少し取り、毛先まで指でスーッと流し、「ちょっと見せてくださいね~」と言いながら、カットのやり方を観察してた。
その目は、まさしくプロでした。
そして、「通りがかった時ちょっと寄ってくださいね~、エッセンスとマッサージしますから」ということば。つづけて「もちろん、サービスですよー!」
まあ、ステキ!こんなサービスがあるなんて。

それにしても一つ気になったことは、男性は席につくやいなや、みんな刈り上げでした。
無条件に!
[PR]
by haomui | 2006-05-26 18:22 | やったこと