2006年 04月 24日 ( 1 )

ドアのチラシ

アパートのドアには、いつもチラシが貼り付けてある。
ピザ、チキン、中華、保険、塾などなど。業種を問わずさまざまなチラシ。そのチラシも手書きの白黒とかじゃなく、きれいに印刷された写真つきの立派なのが多く。チラシ印刷の発展ぶりがうかがえる。
そのチラシたちは、テープでペッタリ版と磁石でピタッと版とシールでベッタリ版がある。
アパートに初めて来て、シールがベタベタ貼ってあるドアを見た時は、「子供の頃の勉強机」を思いだし、卒倒しそうになった。とにかく全てのシールをはがしたい衝動にかられ、金属たわしやら洗剤やらを駆使し、腕がちぎれるほど擦ったが、効果なく虚しい努力だった。
ドアの外側もうちの一部と考えると、今度は本当に腕がちぎれてしまうかもしれないので、その考えは早々に捨て、「外側は掲示板だ」と思うようにしたら楽になった。
でも、最近は磁石でピタッと版のほうが、テープやシールを押しのけてるようだ。やはり、どう考えてもこっちのほうがいいだろう。私にとってもよいことだ。

で、ある日、その外側の掲示板に、マートの特売チラシがテープで貼り付けてあった。

うちのアパートの近くには、3つのマートがある。マートとは、一坪の個人商店から大型スーパーまでを指すことばだ。と私は定義している。
うちのアパートに一番近いマートは、地下にあって、薄暗く、だいたいそれぞれの品物が一種類ずつ並べてある。そこから1,2分歩いていくと、半地下のマートがある。そこも少し薄暗く、入り口付近に、個人の八百屋や魚屋が並んでいて、その奥にいわゆる小型スーパーが入っている。その二つのマートとは反対の方向に5分ほどあるくと、もう一つのマートがある。そこは地上にあって、比較的明るく、そこも手前が個人の八百屋とかでその奥が小型スーパーになっている。

こういうスタイルが一般的なのかもしれない。
今回特売するのは、この地上のマート。
常々、マートがいっぱいあるにもかかわらず、特売などでの競争がなくて、あまり活気がないなあと寂しく思っていたので、こういう催しはうれしい。

特売期間は一週間で、一週間を通して安い商品と、その日限りの目玉商品があって、日本のスーパーにとっても似ている。
私も2日目に、のぞきに行って、その日の特売品の豆腐を買った。
2つで1000ウォン。安いぞー。でもこれにはおまけがついていて、2つ買うと、もれなくもう1つがついてきたのです。素敵!!

湯豆腐するにも、チゲするにも、3つは多いぞー。

大は小をかねる。多は少をかねる???

なにはともあれ、ドアの外に貼られるチラシは大事な情報源となりつつある。
でも、貼ってるとこを目撃したことがない。
どんな人が貼ってるんでしょう。
目撃したら「なるべく磁石でおねがいします」とひとこと言いたい。
[PR]
by haomui | 2006-04-24 12:37 | やったこと