美容室..カット編

美容室に、髪を切りに行った。
行くまでずいぶん迷った。
以前、美容室で髪を染めたが、染めると切るでは、ちょっと事情がちがう。
何日も迷った。

別に「韓国だから」ではなく。
初めての美容室で、髪を切るのは、ちょっとした冒険だからだ。
だって、女性にとって、髪型はそれからの気分をかなり左右するんですもの。
もしも….万が一….これっぽっちも思い通りにならなかった場合の落胆は、かなりなものがある。
というわけで、迷ったが、むしむししてるし、髪もずいぶんだらしなくなっているという現実に押されて、とうとう、切りに行くことに。

美容室はアパートのすぐ前にある小さな美容室。
髪を染めたときにお世話になっているので、美容室の方も私を覚えてくれている。

「髪切ってくださーい」
「はーい、ちょっと、そこに座って待っててくださーい」

その間にスタイルブックで、好みのスタイルを探す。

担当のおねえさんが来て、(って全3名で、1名はアシスタントです)
「どんな髪型にしますかー?」
「長さはあんまり変えないで、こんな感じで、軽く。毛先の傷んだところもあるのでそこは切ってください」などなど、家で考えてきた注文+写真でイメージを示す。

鏡の前に座ると、すぐシュッシュッと、霧吹きで髪を濡らし、カットスタート。
シャキッシャキッと、かなり大胆に素早く切っていく。
繊細さはあんまりないが、手先の動きは日本の美容院で見ていたそれと、そんなに変わらない印象。
ちょっと安心。

切りながら全体の様子を見て、何度か修正。

最後に….「ドライしてあげますねー」
そう、「ドライ」とは、コテで髪をクルンッてしてくれるサービス。
前回は断ったが、今回はやってもらうことに。

仕上がった姿は、お姫さまの縦ロールのゆるーい感じ。
ひらひらのスカート履かなくちゃって気分になる。
でも、これは髪を洗えば元に戻るから大丈夫。

ここまでで、35分でした。
そして前回もご紹介したが、費用は6000ウォン。安い。
でも、シャンプーもマッサージもなにもありません。

最後に、感想。
いい感じです。
私の注文をちゃんと聞いてくれましたー。
ここで、これから安心して髪が切れそうです。ホッ!
[PR]
by haomui | 2006-06-30 17:21 | やったこと
<< 冷やしぜんざいもどき 駅 >>