カン・ジファン

私はカン・ジファンという俳優が好きだ。
といっても知ってる人が何人いるだろう。
でも、ドラマ「がんばれクムスン」でクムスンのだんな様になった人といったら、ちょっとわかるかもしれない。
私の周りの韓国人に「カン・ジファンが好き。」といっても、「誰?それ」といった感じなので
そのくらいの知名度なのかもしれない。

どうして彼が好きかというと...
正直、ルックスである。
演技の実力とかについてはわからないが、演技派という感じじゃなさそうだ。
ただ....私は「がんばれクムスン」で忘れられない彼の演技がある。
それは、クムスンの勤める美容室(彼の母が経営)で、クムスンが彼の大事な部分に熱ーいお茶をこぼした時の熱さをこらえる表情が、たまらなく、たまらなくリアルで、それから「がんばれクムスン」に夢中になった。

痛い演技がうまいのかもしれない。

今MBCの土日ドラマ「花火」で、クムスン以来の彼をときどき見ている。
好き...といいつつ「ときどき」というのが、私のなんともいいかげんなところなのだが。
そして、心でいつも彼の「痛い」演技を期待している。
[PR]
by haomui | 2006-05-21 12:09 | 見たこと
<< 歯医者 車の運転 >>